• ogata

RWC⑧ 南アフリカ 楕円球の夢1

 ラグビーとはほとんど関係のない話が続いています。が、タイトルも変えないまま続けます。予選を4連勝でベスト8を決めたジャパン、準々決勝の相手は因縁の南アフリカ。


 南アフリカのアンセムも、美しい歌です。旋律もさることながら、歌詞。アフリカ固有の民族の言葉をリレーしてアフリカーナ語(白人系)から最後は英語。5つの言語で歌われます。1997年、N.マンデラ政権下で作られました。


 中学生の社会でも習う、アパルトヘイト、人種隔離政策。これがために南アフリカは、1987年の第1回大会と1991年の第2回大会のラグビーワールドカップに出場できませんでした。

 南アフリカやニュージーランドでは20世紀初頭にラグビーが伝わり、ラグビーユニオン(15人制ラグビー)は急速に成長します。しかし、母国イングランド同様、南アフリカにおいてラグビーは富裕層のスポーツであり、ほぼ白人だけで構成される代表チーム「スプリングボクス」はアパルトヘイトの象徴として憎悪の対象でさえありました。