• ogata

私立高校入試はじまる

最終更新: 2月11日

 高3生は連日私立大学入試に向かっています。すでに第一志望に合格して晴れて「4月の大学生」を決めている生徒もいます。一方でまだ「試運転」の生徒は昨日も校舎に来て一日勉強していました。演習のサイクルも速くなっています。


 中3生は、いよいよ本番です。今日から3日間、私立高校入試。今年は1週間前の土曜日に「入試ガイダンス」を行なって、前日までの過ごし方、当日の注意点などについて確認しておいたので、一昨日教師が顔を揃えて「送り出す一言」の時間は作りましたが、それ以外はこの数日間、生徒は個々で総仕上げに入り、前日の昨日は午前中からおよそ8時間、最後の調整を行なっていました。自習のために用意した教室は一種独特の緊迫感が支配していて、われわれですらそこに入る時は緊張感を持ちます。我々も静かに見守っているだけでした。たまに質問があれば喜んで応じます。何も言わないと休憩もせずに黙々と勉強していますから、2回ほど休憩をとるように促しました。そうした時間はいつもの笑顔が見られます。「緊張感はある」と言いますが、「ガイダンス」の時から「緊張感はむしろあっていい、その緊張感の中で勉強に入ったらしっかり集中できるように意識しよう」ということで1週間を過ごしてきました。中学生くらいだとまだまだ緊張に押しつぶされてしまう生徒もいるのですが、今年、どの生徒も頼もしい様子です。

 やれることはやった。あとは力を発揮するのみです。