• ogata

修立学院の夏期講習会①

最終更新: 2019年8月26日

 昨日までで夏期講習会の第Ⅲ期が終了しました。思うに、指導者として「夏」を幾度過ごしてきたろう、と振り返ります。だが、決して、同じことを繰り返してきたわけではありません。毎年毎年、進化しています。

 生徒指導の現場にあれば、毎年生徒は違います。あたりまえです。長所短所も違います。これもあたりまえです。その都度、現状の課題や問題点について、さまざまな手を打ってきました。私には常に信頼すべきパートナー(英語・数学の指導者)がいて、彼らとともに、その都度その都度、より良い指導を目指して工夫を凝らし、その効果を測定して、より効果的な指導が淘汰される、というやり方をしてきました。そうした経験の積み重ねとして、修立学院の「夏」のかたちがあります。

 中学3年生の指導について、われわれの指導の「かたち」の最大の特徴を挙げれば、

①毎日の確認テスト  ②最終期の入試演習(「夏の決戦」)

の2点になります。この2点を求心力として構想し、さまざまな工夫をつけ加えることで「夏」が成り立っています。この夏、このブログを通じて、少しずつ、われわれの「夏」をご紹介したいと考えています。