• ogata

中3十番勝負②

 中3十番勝負は、12月1日に第三番を実施して以来、中休みに入っています。

 はじめの三番は滑り止め、もしくはいわゆる相応レベルの戦いでした。この連戦の1週間、実践レベルで自分に不足している点を振り返ることで、弱点・課題を「つぶす」時間としての「中休み」をとっているわけです。個々人が作成したtodoリストにもとづいて、日々課題に取り組んでいる現状です。教科によっては、目標とする高校の過去問を重点的に3本とか決めて、計画に組み込んでいる生徒もいます。課題がこなせていないと見るや、少々演習の計画を先延ばしにして課題の消化を優先させている生徒もいます。中には、まだまだ自分で「やるべきこと」が見えず計画を立てるにしても「教師頼み」という生徒もいます。いずれにしても、計画・実行を任せて報告・相談だけするようにしている生徒もいれば、まだまだ教師の側が管理に関与している生徒もいて、状況により様々です。我々指導の側のコミュニケーションも欠かせない時期に入っています。

 次の演習は、クリスマス。ぐっとレベルがあがります。