• ogata

センター試験終了

 センター試験が終了しました。

 昨日の高3は、学校でセンターリサーチを済ませたのち、修立学院にやってきました。自己採点をもとに国公立大学の出願について、私立大の入試について、今後の学習の方針について相談をしました。

 おおむね想定の範囲内で収まった生徒が多かったのですが、数学や英語で思うような結果がでなかった生徒もいます。数学については、問題自体が特に難化したということではなさそうですが、平均点は下がる予想がされていますし、全体としても昨年に比べて下回るようです。大手予備校の予想ですが、例年大きくズレることはないようです。ただし、受験生本人は必要以上に気落ちしてしまうようで、周囲は冷静な目をもっておく必要があるでしょう。今年は最後のセンター試験ということもあり、来年度はじまる共通テストを見据えて「安全志向」ということが言われていますが、「安全志向」とすると、受験生が(全体として)どのような判断を下すのかを想定することは容易ではありません。さらに、昨年度までの私立大学の難化傾向がどう動くのかなどさまざまな因子を考慮しつつ、状況判断をしなければなりません。少なくとも平均点の公表、センターリサーチの結果をまって決断をくだすこととなります。今週中です。

 ただし、受験生として、それまで座して待つわけにはいきません。この数日をどのように過ごすのかといったことについて、昨日は指示をしました。

 センター試験と、他の入試問題は、質的にまったく異なります。ことに国公立大学へ向かう生徒にとって喫緊の課題は、センター試験に対処していた「解く感覚」を1秒でも早く捨て去り、二次試験に向けた「感覚」をよみがえらせることです。一部の生徒とは、センター試験前からすでに「終わったら二次試験に向けて何をするか」について相談済みでした(センター試験にかけるべきエネルギーを抑え気味にしてもよい状況にある生徒です)。昨日はさっそくウォーミングアップをしていました。今日からは二次試験向けの演習を開始します。

 センター試験は終了しました。次のステージはすでに始まっています。