• ogata

「試験前なので休みます」

最終更新: 2019年11月15日

 「来週試験前なので休みます」。認めるべきではないと考えます。

 修立学院は、補習塾ではありません。中学校の定期試験の対策授業をすることはまずありません。もちろん、授業外での質問に応えたり、プリントをあげたりといった対応はしています。そもそも中学校の定期試験にあわせて学習をすすめていたら受験にはとうてい間に合いません。そもそも、様々な(ひいては異なる市の)中学の試験範囲が完全に一致することがない以上「一斉対策授業」は行えません。塾によっては学校別の時間割を組んだりしているところもあるようですが……。

 話を戻します。修立学院では試験対策の授業はしない、という話です。都合良く、中学校の試験などほうっておいていいと解釈して実践してしまう生徒もいるので、念のため述べます。中学生の本分は中学校生活と学校の勉強です。いい加減にしていいわけがありません。中学校の生活と勉強をきちんとした上での、受験勉強です。要するに、中学校の勉強はこなした上で受験勉強をこなすべきで、それはできるはずだ、という考え方が大原則です。 


 その上で、塾の授業を休まないようにして頑張ってほしいと考えます。定期試験の日程はずいぶん前からわかっていることですから、準備を早めに始めるようにして、受験勉強は一方で意識を切らさないようにしたいところです。そういう意味では、「来週休みます」は予定としてどうなのか、と疑問符をつけたくなります。当初は休むつもりがなかったが、間際でどうしようもなくて欠席連絡をしてくるというのとは根本のところで違いがあります。仮に休むにしても、同じ曜日の授業を2週続けて休まないように算段をつけてほしいものです。

 幸い、そういう意味での刷り込みがあり、私どもの所では定期試験の準備を理由に休む生徒はほとんどいません。授業前に早くくるにしても、中学校のワークを持ってきて取り組んでいたりします。 

 そうなると、私どもとしても、温情がわきます。宿題・課題は極力少なくしてフリーに使える時間を増やすようにしています。


 今、ほとんどの中学校が期末試験1~2週間前。特に中3は今回の試験が終わると内申点が決まります。昨日は中3の授業がない日でしたが、自習にやってきて、どの生徒も必死に取り組んでいました。